家族葬のお役立ちガイドin浦安市

家族葬の利点と気をつけるポイント

TOP > 家族葬のお得情報~浦安市編~ > 家族葬の利点と気をつけるポイント

家族葬の利点と気をつけるポイント

時代の流れとともに葬儀に対する考え方も変化しており、近年では家族葬もスタンダードな葬儀の一つとして身近な存在となっています。
金銭面の負担を抑えることができるのはもちろんのこと、精神面でもゆとりを持ちゆっくりと別れを惜しむことができるというのも良い点ではないでしょうか。
葬儀を執り行うのは急なことが大半であり、気持ちの整理がつかないまま一般葬を執り行うとなれば、参列者の人数を予想し会場や食事を手配したり、香典返しなどの準備などの必要もあり精神的な負担は少なくありません。
家族葬ならば身内や親族、親しい友人のみの参列なので、準備にかかる時間は大幅に軽減させることができます。
会葬者に気を遣うことなく、故人との別れを惜しむ時間を大切にできるのが大きなメリットです。


浦安市でも家族葬を選択する人はかなり増えており、珍しいことではなくなりました。
しかしいざ家族葬を執り行うことを決めた時に悩むのは、どの範囲内まで呼べば良いのかという点ではないでしょうか。
特に親戚が多い場合や、親戚が高齢者や遠方に住んでいるとなれば、悩むのは当然のことと言えます。
迷った場合にはとりあえず声をかけておくというのも、トラブル回避につながる一つの手段です。
後々家族葬を執り行ったということを伝えると、なぜ呼ばなかったのかということでトラブルになることがあるので、悩んだ際には声をかけてみるようにしましょう。
参列は控えてもらいたいと感じている場合には、家族葬にするので参列は遠慮してもらいたいということを伝えるべきですが、その際には失礼にならないように十分気をつけましょう。


一般葬は故人も親しかった人が集まるので、遺族は面識がほとんどない人がやってくることも少なくはありません。
そうなればより、会葬者への対応が面倒だと考えてしまい、家族葬を選ぶという人が増えるのは当然のことと言えます。
しかし、いくら家族葬にしていても当日知らずに参列にやってくる人が現れたり、どうしてもと香典を渡されてしまうこともあります。
そうなった場合には、返礼品が必要になったり、後日改めて香典返しに行かなくてはなりません。
万が一ということも考えて準備しておくことが大切になってきます。
家族葬を執り行った実績が豊富にある葬儀業者ならば、いざという時や予期せぬハプニングが起きた時にも、しっかりと対応してくれるので、実績豊富な業者を選んでおくと安心ではないでしょうか。

次の記事へ

TOPへ